== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ソラユメ ==

けっこう怖いよ。。。

「ソラ*ユメ」

ルーエン→水窪→餘部→山瀬→御剣の順で終了。

朝峰クンは、他のキャラ攻略の時に怖い思いをしたので、

コンプしてやらない(笑)

ミスティックラヴ・アドベンチャーとかいって、

これは、ホラーだと思うけど。

結構、怖かった。

でも、やはり一貫しているのか、

可愛く、たくましく、明るく、前向きな主人公(多少、天然)。

やっぱこうでなきゃ、Men'sの気を引きつつ、

難問に立ち向かってはいけないんでしょうな。


ルーエン・エグランティーン

「なによ、コイツ!?」と、最初はちょっと憤慨してみるも、

結局、俺様キャラのちょっとした瞬間の優しさ可愛らしさに、

わかっているのに、わかっているのに、

(お粥、アーン、は、ベタすぎて卑怯だって!)

コロリといってしまう、自分の情けなさ。

最後の誓いの言葉はたまらないね、悪魔が言うだけに。

ルーエンルートに入った後の、

主人公が繰り返して見る夢のタイムパラドックス。。。

3度目ともなると、結構イライラした。


水窪 一真

エロ!

コイツ、高校生のくせにエロ!(笑)

ことある毎に“ささやきモード”なんて、

お前は、イタリア野郎か!? チョイ悪か!?(しご)

花火見物の時の“告り”はもー、やーらしー!

普段がクールなだけに、やーらしー!

「ラストに血ィ吸っちゃうって、どーよ!?」

とか不思議なところもありましたが、

でもね、嫌いじゃないの。

カンジとしては、ナイ君っぽいじゃない。

「ソラ*ユメ」の中では、一番好きなキャラかも。


山瀬 勇人

こと恋愛において、水窪クンとは正反対の勇人クン。

彼って、「ワンコ」なの?

基本、「ワンコ」にはときめかない私ですから、

彼の場合も冷静に攻略。ストーリーも解り易かったし、

最後はちゃんと男気出してくれましたよ。

素直にめでたし、めでたし。

餘部、御剣ストーリーが、

全然ワケわからんかった。しかも話が長いし。

だもんで、進めていてもだんだん飽きてきたし。(笑)

攻略キャラひとりひとりに、ミステリアスを盛り込みすぎだよね。

(ノーマルだったのは、水窪クンだけではないか。)

おまけに夢見ることで起きるパラドックス。

私は、ちょっとついていけなかったなぁ。


シリーズ(?)で、楽しみにしているのは、

女友達キャラとの「女の友情」。(笑)

進藤鈴菜ちゃんは、あまり目立った行動はしなかった。

主人公の役に立つわけでもなし、影で支えるわけでもなし。

控えめ過ぎ。ダメだよぉ、だからあんなコトになっちゃうんだよぉ。

でも、勇人ストーリーでは、ちょっぴり幸せだったかな?

(これまた中途半端だけど。。。)

そのかわり、「使い魔」の皆さんが、

イイ味出してたんで、楽しかったわ。


ということで、

“わかり易さ”も“わかり辛さ”も、

TAKUYOさんってことで。(笑)

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:56:18 ━ Page top ━…‥・

== ソラユメ ==

ギャグ少なめ

TAKUYOさんは、ワリと好きな方。

似たようなのが多いキャラの中では、

「パニパレ」のリーディが一番!

二番は乃凪範尚(ナイ君)!(笑)

さっき、「ソラ*ユメ」が届きました。

お笑いが少なめ、という噂を耳にしていたので

迷っていたのですが、やっぱり購入。

(ミスティックラブ・アドベンチャーだった!?)

あら、のじさんは出演されていないのね~。


さて、引き篭もりますか。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:11:42 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。