== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ジョーカーの国のアリス ==

あぁっ、もうっ! -ジョーカーの国のアリス-

「監獄END」にも「サーカスEND」にもならないじょー!

ユリウスの好感度を上げずにジョーカー上げて、

順番にイベント開けてンのに、

177ターン目のイベントが開かないじょー!

季節はちゃんと「冬」だじょー!

半日座りっぱで、オシリが痛いぃ。

気分転換に何か違うのプレイしよーかな。。。

きゅー

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 07:27:11 ━ Page top ━…‥・

== ジョーカーの国のアリス ==

高級トカゲ皮  -ジョーカーの国のアリス-

「DS、なんとかしなきゃ!」とか思いながら、

グレイEND見ましたぁ~。

ユリウスといいグレイといい、やっぱり冬の季節、ってカンジ。

落ち着いていて、安定していて、静寂で。

ドッキドキな展開もない代わりに、

じんわりと暖かい“炬燵”のような。。。

クローバーの塔にはかかせないイベントが、

「雪まつり」。

ビバルディとエースを招待したときの住人とのやりとりが

何度見ても笑っちゃう。

グレイって、よっぽどなセンスなのねぇ。

普段は軽く敵対ポジョションなユリウスも、

何だか必死でグレイをフォローしているのが可愛いし。

(ユリウス、いい奴!)

「七草粥」のときもだけれど、グレイって“ギャップ萌え”狙い?(笑)

っつか、生真面目なんだねー。

ヒロインとグレイの心の変化は「Cアリ」の方で色々展開あったようなので、

ワクワク・ドキドキ感はあまりなかったけれど、

ラストのグレイのタトゥーに絡むストーリーは「最後にはキメるじゃん、グレイ!」

とニヤリといたしました。

年齢差がどうのと言いながら、

冷めていてどことなく大人びたヒロインと、少年の心を持った(ある意味)

アラサーな男たち(ユリウスを含む)で、ちゃんと釣り合いがとれているような。。。

やっぱり、ファンタジーなのね。

次は、ジョーカー。

「監獄END」と「サーカスEND」があるみたい。

でも、なかなか面倒くさいらしい(笑)

どっちも「甘いストーリー」じゃなさそうだし。

むむぅ。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:22:50 ━ Page top ━…‥・

== ジョーカーの国のアリス ==

三月ウサギ  -ジョーカーの国のアリス-

「Hアリ」の時から、いささか“単細胞”なところがお茶目だったエリオット。

しかし、「Jアリ」ではなんだか、おバカっぷりが増したよう。

訪問時のセリフのほとんどが「食い物ネタ」だもの!(笑)

何時からそんな食いしん坊キャラになったのよ!?

(後期の草薙一かっ!? って突っ込んでおく)

まぁね、国の季節が「秋」なので、そうさせるのでしょうが。

普段でさえも、「にんじん料理!にんじん料理!」とうるさいのに。

彼の話を聞いているだけで、もうお腹いっぱいよ。

ビジュアルの男っぽさと、中身のガキっぽさのギャップがエリオットの魅力。

(と、私は信じているし)

「Hアリ」では、その恋に疎い面を遺憾なく発揮して、

余裕のない猪突猛進愛に、母性本能レベルで絆されちゃったりしたんだけど。

「Jアリ」では、“覚悟はできてるんだろうな”などと、

マフィア№2の余裕を見せちゃったりして、あんまり可愛くなかったな。(笑)

ヒロインはどのMen’sにも、最初っからすっかり心を許しちゃっている様子で、

「好き」前提でお話が進んでいるので、すぐにラブラブ。

安心して進められますわ。

それにしても、

またまたとあるイベントでゴーランドが登場しましたが、

ほんっっっっとに、常識人でステキな大人。

堀内賢雄さんの心のこもっていない空々しいセリフまわしが

ゴーランドの飄々とした情熱のなさにピッタリでした。

攻略したかったですぅ。

で、

次は、ジョーカーか、グレイか。

(正直、それ以外はあまり興味なし)

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:14:58 ━ Page top ━…‥・

== ジョーカーの国のアリス ==

意外や意外? -ジョーカーの国のアリス-

チェシャ猫のボリス。

「ジョカアリ」では、あまり“エロ”ではなかったなぁ。

おいたが過ぎるっていうワケでもなかったし。素直な甘えん坊。

ピアスが登場して、キャラが変わったのかな?

「ハトアリ」の時のように、もっとヒロインにせまってもらいたかった。(笑)

(銃を握らせるところなんか、ゾワゾワしたもんなぁ)

今回はもう、端からヒロインもボリスに気がありまくりでさ。

それならば、ボリスにうんとヤキモチ焼かせればよかったのに。

まぁ、ドキドキ感はなかったわねぇ。

オーラスで、ヒロインが大ピンチ(しご)に陥って、

役付きもしくは領主が助けにくるイベントがある…みたい。

(これって、お決まりなのかな?)

ユリウスの時は、もーかっこよくって

惚れ直しちゃったりなんかしたんだけど(笑)

ボリスは、“小ピンチ”の時に助けに来てくれたから、

(すっごく頑張ってたヨ)当然今回もと思っていたら!

なぁ~んと。

遊園地のおっさん・ゴーランドが登場!(ネタバレ)

彼ってさぁ、乙女のみなさんにはぜ~んぜん人気のない

珍しい攻略対象Menなんだよねぇ。スチルも、ダントツで少ないし(笑)

「おっさんじゃない!俺は若いんだ!」というセリフも薄ら寒いし。

なんでわざわざこんなむさ苦しいおっさんと、恋愛しなきゃならんのか!?

と、嫌悪感を露にする乙女も。。。(笑)

でもね、

監獄に助けに来てくれるゴーランドは、

かっこいいんだ!

ちょっと、ヨロッときたよ。

抱きついてもいいかな、って思うよ。

でも、これが今回唯一の彼の“見せ場”なのかもしれない。

だって、「ジョカアリ」では攻略対象じゃないようなカンジが。。。

エリオットにいく前に、ちょっと覗いてくる。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:23:03 ━ Page top ━…‥・

== ジョーカーの国のアリス ==

意外や意外   - ジョーカーの国のアリス -

まずは、

迷うことなく「ハトアリ」のお気に入りキャラのユリウスへGO!(笑)

(好きなものは先に食べる派なのね)

「クロアリ」をプレイしていない私だったので、

なぜクローバーの塔に引越ししたのか、

領主のナイトメアが何時あんなにヘタレになったのか、

色々と、疑問はあったものの、

ユリウスの偏屈ぶりが変わりないことを確認できて安心。

照れ屋で素直じゃないところも健在。(いいよぉ~)

ただ、ヒロインの性格が随分ポジティブになっていたのが、

ちょいと驚いた。

フツーの乙女げーの主人公のようでしたね。

ゲームは、

いつもの攻略キャラのターン数に合わせてイベントが起きるパターン。

Men'sの内の1人にターゲットを絞って進めて好感度を上げて、

ヒロインの気持ちにそって季節を変えていけば通常のloveENDは見られる。

ただ、ジョーカーが出現するときの返事のセレクトによって枝分かれしていくよう。

やっぱり私は、自力ではムリだったので(何度もBADENDをむかえるもんで)、

結局攻略サイトさんを参考にさせていただきましたよ。

一直線にユリウスだけに会いに行き、会話していったんだけど、

途中ちょいちょい絡んでくるジョーカー。(仕様により 笑)

これがまた何とも。。。

「ちっげーよ!」などと、チンピラのように悪態をつく石田彰さんは

とても珍しい、っていうか、違和感。しかも、P音満載で。

ジョーカーENDは見ていないので、

本当の姿はどうなのかわからないけれど、今のところ極悪非道。

トキメク要素はひとつもなし。 あぁ。。。

大きく2回、ヒロインはユリウスに寸でのところで助けられていますが、

その助けに入るユリウスの登場の仕方がかっこいい!

意外性は全くなく、クールでぶっきらぼうなまま登場するんだけど、

それがヒーローっぽくってステキ!(ある意味、王道)

でも、ユリウス・モンレーって、あの世界にいながら1番まともというか、

正常というか、フツーっていうか、当たり前な男だと思うので、

地味な恋愛展開にしか見えないような気がする。

「温泉」とか「お揃いの寝間着」とか「心配性」とか。。。

キーワードも地味。(笑)

ユリウスENDでは、その地味なカップルのラブラブな“二人の世界”を

延々と見せられるという、実に居心地の悪いものだったし。

でも、ユリウスは1番好きですヨ。

次はボリスね。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 03:54:46 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。