== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== カエル畑DEつかまえて ==

マジ、ごめ~ん! -カエル畑DEつかまえて-

おうよっ! ここは攻略サイトじゃないぜ!(すまんネ)

多少のイベントスチル残しがあるものの、

私的には“フルコンプ”だべ!

法月蓮クン、終了~♪

法月センパイルートに乗るには、

ハム、オーミ、ユーキ、ミサキ、アキモリ(十九波さん風)

の5人を攻略後という制限があっただけに、

物語のラストを締め括るある意味“キモ”(気持ち悪いじゃないぞ)な内容でしたよ。

もう、法月センパイがいなければ本当の月宿の平和は訪れない、

くらいな。。。

しかし、

残念ながら私は、法月ルートの後半から全く理解できないまま

ENDを迎えたのでありまして(恥ずかしながら)、

で、結局、法月センパイって何なの?何を隠していたの?

ヒロインとの関係はどうなってるの?

十九波さんって?カエル守護の二人って?

「あかり&ふみ」の名前が出てきたのって?

ミサキ先生の「怪談」って必要だった?

など、?????がかなり残るものでした。

しかも、

小さくて可愛い(兼子さん談)法月センパイが、

だんだんチョットずつ黒っぽくなっていく(真朱センセのように)

のが耐えられなくて。。。(笑)

もっとほのぼのとしたラブを期待してたんだって~。 

そんな萎え気味な私の気分を少し晴らしてくれたのが

ちーちゃん。

さすがのサブキャラ!

意外性抜群!(装束は?だけどナ)

最初はなんとなく違和感のあった関西弁も、

最後はけっこう迫力のあるカッコイイものになってた。

クールな関西弁ってのもイイねー。

まぁ、これが評判良くて次回作がでるなら

当然、ちーちゃん、小田島センセあたりは攻略対象Men'sになるでしょうね。

(ある意味一陽先輩も十九波さんも)

でも、彼らは大人組を超えた年上キャラなのでどーか?(笑)

小田島センセといえば、

ミニゲームの「ゴミ分別」で、答えをちょっと間違えたりしたとき、

盛大に血を吐くので、よけいに動揺したりしたね~。


んなカンジで、TAKUYOさんらしさ70%くらいに楽しめた

乙女げーでありましたよ。

スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 05:31:16 ━ Page top ━…‥・

== カエル畑DEつかまえて ==

思わぬところで  -カエル畑DEつかまえて-

ここで泣く!?


戸神先輩と美咲センセのEND見たです。

戸神先輩ルートって、ストーリーが何だかかなり強引な

カンジがして、力技でラストに持っていった...みたいな(笑)

やっぱり、お互いに“ボケ”同士の恋愛進行って客観的に見てても、

入り込めないモンなんだな、と。

それくらい、戸神先輩は豪放磊落過ぎだし、ヒロインは飄々とし過ぎだし。

男同士の友情の延長か?とか、思ったり。 

浮世離れしたMen'sはラブなのですが、萌えはあまりありませんでした。

戸神先輩は、男ではなく漢ですね。


友情といえば、

私にとって、男女の区別なく、乙女げーに出現すれば必ずジーンときてしまう

イベントの1つなのですが、本編のメインである4人組は「友達!友達!」と

騒いでいる割には中々感動的なシーンは現れず(空閑クンのときに若干)

期待していた女子部(兼子さん、川奈さん)にも今のところ気配はないし、

TAKUYOさんらしからぬ、と半ば諦めかけていたんですが、

こんなところに待っていたとは!

わたくし、正直、TAKUYOさんの学園恋愛ゲーム内での先生の存在って、

以前からあまり快く思っていませんでした。

(特に「パニパレ」の真朱センセ!)

なもんで、大人組にはあまり、というか全然期待していなかったんですが、

なんと、美咲センセのルートでの、戸神先輩との友情!(ネタバレ)

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!(しご)

ヒロインとの甘酸っぱい恋模様なんてどーでもいいんです!

どーせ中々自分の気持ちに気づかない“ポケポケ”のヒロインなんだから。

(自ら、頑張っていたけどネ)

美咲センセの想い、戸神先輩の想い。うぅ~。

ベタ過ぎかもしれないけれどさぁ。あ~、いいなぁ~。

ここでも、やや強引な展開で事件は解決されていくワケだけれども。

(巨大化したカエルって。。。皆で力を合わせてって。。。)

まぁ、この友情バナシのおかげで、

戸神先輩を嫌いにならずに済んだってところか(笑)


さて、

これならもう法月センパイに向かってもいいよね?

全員って、まさか、小田島センセやら千木良っちょも攻略後なのかね?

とりあえず、行ってきますわ。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 05:18:56 ━ Page top ━…‥・

== カエル畑DEつかまえて ==

世のため 人のため  -カエル畑DEつかまえて-

法月センパ~イ! ダメですぅ。


制限アリなのか? 法月センパイが攻略できない。

カエルENDの繰り返し。

もしかして、他の3人を終えないとダメ?

それとも、ちーちゃんのEND見ないとダメ?

兼子さん、関係アリ?

はぁ~っ。私って、それほど忍耐強くないのよね。

で、

空閑クンをやっつけちゃいます。脳天乾竹割ィ~!

まずもって、ひっじょーに敬遠したいタイプのコ。

いまだかつて、これほどに酷い“オロオロ系”の男の子っていたか?

内向的にもほどがある。女性恐怖症なのはいいとしても、

普段もまともに話せないなんて、ありえねぇ。(ハム男)

(私なら、捨て置く)

でも、ヒロインも寮の皆も、辛抱強く空閑クンの相手をする。

それを受けて、空閑クンも自信をつけて精神的に強くなる。

そして、一途な想いによる懸命な言葉は、強敵の妖怪の心を打つ。。。

仙人のようなヒロインの心も打つ。

誰も不幸になることなく、真のHAPPYEND。

出来すぎだよ。NHK教育的。

ハム男もジミーも心の奥の“嫌な部分”を出していただけに、

空閑クンの意外性のなさにちょっと肩すかし。(あまり期待してなかったケド)

CVに名優を起用する意味があったのか? って、酷い?酷いね。


今度は大丈夫かな?法月センパイ。

七不思議のことで街に繰り出せればOKなんだけど。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 01:16:29 ━ Page top ━…‥・

== カエル畑DEつかまえて ==

一球、ハズしましたね  -カエル畑DEつかまえて-

ジミー、もっと解りづれぇ~!(笑)


「THE・山の天気」みたいな、ストーリー展開。

雲行きは怪しかったけど、初めは穏やかだったわよ。

でもまぁ、途中からどんどんと人格が変化していくジミー。

茫洋とした掴みどころのないヒロインも、

豹変したように積極的にジミーに絡んでいく。

おぉっと!恋の駆け引きなんかが行われちゃうのかなぁ?

と、そんなキャラにはない2人にチョット期待すれば、

予想だにしない悲恋が押し寄せてくるし。

もしやこれってBADEND~?

と、構えていたら、まさに大どんでん返しのHAPPYENDでした。

なんだか、狐につままれたよう(笑)

はっきり言って、広瀬クンは“多重人格”じゃないかと思った。

相手に合わせて相手なりに接することができる、と言ったって、

計算されて二面・三面と偽っているなんて出来るのかな?

頭イイから出来るのかな? 

ヒロインに対する態度なんて二転・三転しちゃって、

最後まで本当の広瀬クンが判らなかったナ。

最後のKissが天変地異を起こしてHAPPYENDだなんて、

ファンタジーじゃぁないですかぁ!

彼の喜びの感情が雨を降らせるだなんて!

それまで“呼び込み体質”の広瀬クンの影響を受けて

ガラス窓に突っ込んだりしたコ達って。。。

あと、十九波さんって、基本、助けに来てくれる方ではないのねぇ?

ジミーの解りづらさも私の範疇を超えていた。

あと、“気分屋”もニガテな部類(2次元・3次元同じく)

でも、お年のわりには(?)冷静な判断とクールな反応(ヒロインに次ぐ)。

まして、入野さんの少年っぽいVoiceとのギャップ。

決して、キライではないことよぉ~(笑)


さて、カエルはいったい何人攻略可能なMen'sがいるのか?

小田島、ちーちゃんまではOKなのか?

後は特にこれ!と言ったMen'sもいないんだけど、

この人に近づいたら、兼子さんの反応はどうなるのか?

非常に興味があるので、

法月センパイにGO!

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:12:18 ━ Page top ━…‥・

== カエル畑DEつかまえて ==

ツンデレ一級品! -カエル畑DEつかまえて-

ハム男、面倒くせー!(笑)

葉村椋人。超天邪鬼だぜ、コイツ。

確かに辛い過去があったのはわかる。

しかし、そう何度も自分のことをどう思っているのかなんて

聞いてくるんじゃないよぉ。

予想に反して(期待度を低く設定)

カエル、面白いよ。

甘くないのかと思いきや、可愛らしいラヴもあるし。

軽いラヴコメかと思いきや、ハム男のENDはなかなか切ないモンがある。

ヒロインは乙女げーにあるまじき「男女」かと思いきや、

健気で可愛いところがたくさん(あまりにも天然)。

ヒロインと攻略対象だけでストーリーが進んでいくのではなく、

学生らしくちゃんと仲間とのかかわりあいがあるのは、

TAKUYOさんらしくて好感が持てる。

ヒロインの女友達も、いい味出してるし。

(兼子さん、いいぞ!)

『天パー』の継承もちゃんとなされているし(笑)

はっきり言って、

キャラデザは「パニ・パレ」の頃とあまり相変わらず、

今どき“目パチ”も“口パク”もなく、

この「3D」流行の昨今に、立ち絵の遠近感だけで動きを出す、

指人形劇的なユルさにズッコケ(しご)だけど、

そこがまた何とも腹筋がフルフルと揺れる面白さがある。

ひねくれ具合が私の許容範囲を超えていたハム男攻略は、

中の人(この表現ってどーなの?):杉山さん目当てだったから。

さすが、ツンデレやらせたら日本一の杉山さんでした。(笑)

寮の仲間は、全員何か薄暗い背景があるようだが、

次に狙うのは、私の萌えタイプ、優等生。

(彼はそう呼ばれるのが嫌なんだそーだが)

ジミーこと広瀬優希クン!

CVは入野さん。私は、ほじょ兄よりもジミーのほうが好きだわ。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 01:17:03 ━ Page top ━…‥・

== カエル畑DEつかまえて ==

やっぱり、TAKUYO   -カエル畑DEつかまえて-

プロローグを終え、共通ルート中。

やっぱりTAKUYOさんだな、ってカンジのシナリオ。

登場人物達の会話の掛け合いは相変わらずクールで楽しい。

「パニ・パレ」継承かな。

初っ端からすったもんだあって、

ヒロイン達に課せられた「償い」はけっこうヘビー。

そんな中での仲間内のどーでもいいようなゆるい掛け合いに、

「無駄な会話は止めて早く進めろ!」って言いたくなりながら、

まぁ、“それなりに”だからな...ということで流れる時間を共有しております。

「学園それなりに恋愛AVG」は、今のところは兆候はありませんよ。

あまりにも飄々としているヒロインで、大丈夫かな?と思うケド、

椋人クンは、ちょっと彼女に目を向けつつあるカンジ。(漠然)

で、広瀬優希クンがちょっと気になりながら

椋人ルートに乗っかるようにプレイ続けますぅ。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:04:06 ━ Page top ━…‥・

== カエル畑DEつかまえて ==

めずらしく発売当日

おぉ!(軽く驚き)

届いたよ。「カエル畑DEつかまえて」。

なんたって“学園それなりに恋愛AVG”だからねぇ。

どんなんだか。(笑)

「それなりに」なんて、

ハナっからそんなこと言われたら、全然期待もてないじゃない。

まずは説明書を読んで。

やっぱ、第一印象どおりに、葉村椋人クンからいこうか。

あ~、久々のTAKUYOだ。

前回の「続!二学期」は、全然つまらな。。。グフォグフォ!...


「パニ・パレ」が1番好きなんでネ。

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:13:56 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。