== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 逢魔時 ~怪談ロマンス~ ==

ヤマイヌ、ワンワン。


閨悟、ベストENDで終了~♪

普段なら、強制スキップなんだけどな。
ワンコってのが、性に合わないのww
(変身後の姿は、とぉ~っても可愛い!)

それに、犬ったって“山犬”なんだから、
もうちっと、荒々しいトコがあってもよさそうなのに。
(命の恩人だから?)盲目的にヒロインに想いを寄せ、
「(でも)僕は君が好きだから」と脅迫めいたこと言い、
何かとテレ笑いしてハァハァしてる閨悟には、
ヒロインのように情に絆されたりしないよなぁ。

あと、家族ぐるみのあの展開も、
ちょっと面倒くさいでしょ。みんな山犬なのに。
(あれで、ヒロインの持つ謎が出てきたケドね)
もともと恋愛感情30%のヒロインの心をググッと
引き込むようなイベントも欲しかったけど、
「(だって)僕は君が好きだから」の一辺倒でww
いい人(妖怪)すぎて残念かな。

エロシーンは......
もう、いいやww、同じようなところで同じようなカンジで
ヒロインが押し倒されるんでしょ?
ワクワクもドキドキもないエロシーンなんて、
何度出てきても、もう飽きちゃったし...
ナゼかって言うと、スチルが稚拙だから。
文字や音はいい雰囲気作ってるのに、
絵が出てきてガクッと醒めちゃう。
宙に浮きながらKISSできるのは妖怪だから?
気になりだすともうダメだww

ま、PC作品のようにはいかないのだろうな。
「アラ・ロス」とか「クリムゾン」の
イベントKISSシーンは美しかったね。

「ひとふた奇譚」にいきたいところだけど、
もう少し続けてみるよ(諦めちゃダメだ)
いままではあまり興味の対象にあるキャラじゃなかったからさ。
次は、遠野篤郎だよ。


スポンサーサイト
┗ 11:25:14 ━ Page top ━…‥・

== 逢魔時 ~怪談ロマンス~ ==

いつもとは違う順番で


好みのものは最初に食べてしまう派の私。
しかし、
この逢魔時も、第一印象でビリリッとくるMen'sはいなかった。
ので、
攻略サイトさまのおっしゃるとおりに(笑)
徐々に、謎が解き明かされる順で攻略するとする。

まずは、
年下で(普段ならスルーか強制スキップ)
クーデレ(ツンデレ)の和泉零次クン。
ぬぅ~...
とても子供っぽい。てか、ガキ。
きゃぅ!かわいい~。。。とは思えなかった。
ヤキモチ焼かれたり拗ねられたりは、大の大人の男がやると
ギャップ萌えでこっちのスイッチが入ったりするのだが、
和泉は当たり前すぎる反応で、面倒くさくなったりする。
でも、いつものロゼのヒロインが母性本能を出して
そこはすかさずフォローに入るシナリオなので先に進めたww

これの前にプレイしてたのが「ときメモGS」。
天使・小悪魔モードはあれど、なんたって正統派の学園ラブロマンス、
KISSシーンだって『シルエット』ですからね!Oh~、ロマンティック!
ここ暫く、あまりにも懐かしい、幼い恋愛してたので、
もうそろそろフツーの女子高生から足抜けしたいと思っていたけど、
同じ学園ものなのに、Quin Roseになるとやっぱりひと味違う(笑)
物凄いファンタジーで、これはこれで面白いわ。
だって、フツーじゃないんだもの。
だから、学生同士が乳繰り合うのだって許せる。
だって、年なんてあってないような妖怪なのだから。
さらっと自分の寝床に連れ込んで、
自分の気持ちを「わからせてあげますよ」なんて言って
慣れたカンジでいろいろおこなっちゃうような高校一年生なんて...
ファンタジーなんだからっ!

自分の意思をはっきり持った気の強いヒロイン。
そのくせ、興味が先行してその場の雰囲気に流されちゃうのって、
嫌いじゃないww

和泉√辿っていくうちに、
遠野や京極にフラフラと行きそうになるけど、
遠野は、トラ兄臭がプンプンするし...(笑)
とりあえず、次の攻略は由良城閨悟と決まっているみたいww
閨悟もどちらかというと圏外のキャラだし、
中の人はお芝居上手だけど、全くタイプではないので、
またまたさらーっと、進めていくつもり。

┗ 13:50:03 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。