== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ひとふた奇譚 ==

心に空いた穴

「ひとふた奇譚」
巽センセと左坤クンを終えた。

巽センセ√は、なんだかおまけ√か隠し扱いみたいで
とってもお話が短く感じた。
芥離センセとかぶっているのが多かったからかな。
ずいぶんあっさりで終わっちゃったし、
ラストも、「これって恋愛なのか?」
というモヤモヤが残る終わり方で...
せっかく“兄貴”的なCV:宮内さんなのでチョットは
期待してたのに、終始頭をグリグリと撫でられるだけ。
すぐに生徒と恋仲になれるような、色ボケ教師も嫌なんだけど、
これなら巽センセの場合は、ヒロインの片恋ってことで
フンワリと終わらせて欲しかった。

巽センセ√に比べて、
左坤クンルートは、随分と長いように思えたのは私だけ?
それとも、つまらなかったのか?ゴホンゴホン。
正体がバレたようでバレていないようでよくわからない。
彼って、エクソシストなんだよね?

逢魔時のときも触れたけど、
ヒロインを一途に想うワンコな彼ってのにあまり萌えないので、
佐坤クン、一生懸命頑張ってたけど...そこまで、ってカンジ?
相変わらず敵キャラとのバトルでは、
ヒロインがひたすら状況説明し続けて(笑)
なかなか周りのMen'sが動けないというイライライ感がたっぷり。
スリル満載っていえば、そうなんだけど、ま、ハラハラしたわな。

艮藤クンと坎宮トアは攻略せず、ということで
「ひとふた奇譚」は終了しますよ。

このゲームは、CEROAでDSソフトにして、
小学生女子(SJ)の乙女げー入門として出した方がいいな。
自分を守ってくれる男子がいて、優しい友がいて、
ちょっと魅力的な男性教師と、大人然とした理想的な男性教師、
可愛い動物の姿をした人間に好意的な妖怪たち。
そして、白熱したバトルがあるけれど、誰も死なない。
まずは、こんなのから入っておいた方がいいかもよww


私にとって「遥か~3」が、こんなカンジかしら?
「遥か」の方が、も~~~っとドキドキハラハラしたけどね~。
KISSスチルとかなくても、満足してたなぁ(遠い目)

さぁて、
次の新規購入予定げーが、5月末頃だわ。
今年のGWには予定がないのに...
ドオシヨカ...?

今、物凄く会いたいのは、
「三国恋戦記」の雲長兄ぃなのvv
超クールでドラマティックな運命を持つ彼に
冷たくあしらわれながらも、もう一度恋に堕ちたいッス。


スポンサーサイト
┗ 11:58:47 ━ Page top ━…‥・

== ひとふた奇譚 ==

?が残るけど、納得...かな

芥離七央センセのBESTEND(?)終了~♪

既読をスキップして、
芥離センセの好感度アップを選択すればOK!
しかもQセーブしなくてもログで戻ってジャンプすれば
全然問題なしで、攻略サイトさまに頼らなくてもいいのだ~。

シナリオは、金太郎飴じゃなくて安心。
それぞれのMen'sの背景に沿ったラストで。
最後のバトルでは、乾クンの時と同じくドキドキしたし、
何も出来なすぎるヒロインにイライラ。
この娘、躊躇し過ぎなんだよね。
ブツブツ状況説明している間に、やることあんだろ!
二つ尾がまた焦げちゃったろー。かわいそー。

久々のバトル時のドキドキ・ハラハラ感は、嬉しい。
楽しいぞぉ。

芥離センセには、なかなか辛い過去があって、
最後の最後までヒロインに対すす気持ちを表さなくて、
このセンセもしかして、BL。。。?
とかって思っちゃった。
でも、静かな愛でヒロインを包んでくれて
良い先生で、よかった。普通(?)の先生でよかったww

それにしてもこのゲーム、
スチルが少なすぎだよ。
「おまけ」としてCG鑑賞部屋があるけれど、
これって1人分?ってくらいしかない。
これは、逢魔時とは真逆だ(笑)
芥離センセとヒロインだってKISSしてる
(って、芥離センセは言ってたけど)
スチルがないのね~。

ま、いいでしょ。楽しいから。

では次は、
巽センセにしようか、
まだナゾが明かされてない左坤クンにしようか。
艮藤クンとトアはチョットオールスキップしたいので...ww

隠しは、いないんだよね?



┗ 20:42:05 ━ Page top ━…‥・

== ひとふた奇譚 ==

またまた妖ものだが

まずは、流れで乾 和貴クンBESTEND(?)終了~♪。

なんだかんだで、
学園ものの乙女げーなんて、これでいいのよね。
なんてすんなりENDをむかえられるのぉ~!
なんて爽やかENDなのぉ~! 王道でしょ~。
(エロのかけらもないww)

自分の身に起こった事柄に、疑問や不安を持ちつつも
明るく前向きに向かっていく頼り無い主人公を、
まわりのみんなが暖かく励まし応援し守ってくれる。
おまけに普通なら心が通じ合えるはずのない、
「魔」と呼ばれる外見は動物たちと、
主従関係ながら、気持ちが繋がれたとなれば
涙ぐむのもわかるでしょー。
動物とか優しさとかに弱いのよ~(>今の私)

ラスト近くになって、
謎の外国人の他の人達の正体がわかってくるから、
あまり謎を残さずに次ぎのMen'sに向かえるけど、
金太郎飴ではないだろうね?

私は、先生キャラにあまりいい思いをしていないので、
巽、芥離両先生と、はたしてステキな恋愛ができるのか
若干不安はあるけれど、
CVの宮内さんも細谷さんも「良い大人」なので
嫌な思いはすることはないだろうな。

もー、二つ尾が可愛くてしょうがないっ!

次は、
芥離七央先生にGO!


┗ 18:05:58 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。